シリコンバッグによる豊胸手術のデメリット

自然な仕上がりは期待できず

シリコンバックを入れる豊胸手術は特にメジャーで歴史あるやり方ですが、メリットと共にデメリットがあることは知っておかなければなりません。特に有名なデメリットが形が不自然ということ。元々の胸の脂肪に溶け込むことのない全くの異物ですから寝転がっても横に流れることはなく感触も硬いです。最近では挿入場所の工夫や、パック形状・質感改善を繰り返し昔ほどではないものの、やはり自身の脂肪を注入するような施術と比べるとどうしても違和感は残ってしまうのです。年齢を重ねてバストが老化すると脂肪が減ってどんどん平坦で薄くなっていきます。その時も人工物であるシリコンの形が変わることはありません。厚みのある脂肪やハリのある皮膚で覆われていたものが薄くなり、輪郭が見えてきてしまう場合もあります。

完全な人工物ゆえのリスク

シリコンバックは人工的に作られたものなので、元々体内に存在する成分ではないため溶け込んで自身の脂肪と一体化してしまうことはありません。それはメリットでありデメリットでもあるのです。人工物ゆえのアレルギーなどの拒絶反応のリスクもでてきます。カプセル拘縮などを起こしてしまう場合もあるでしょう。また、どうしても外部からの刺激・経年劣化を避けることは出来ません。もしもパックが破損してしまえば、忽ちバストの形は変形してしまいます。それだけでなく、内容物が漏れ出すことで炎症・合併症が起こってしまうリスクも考えられるのです。このように、注意点の多い手術であることは知っておく必要があります。被膜という繊維の膜が出来て、それが石灰化して石のように固くなってしまうリスクもあり、そうなると取り出す手術をしなければなりません。