ヒアルロン酸の豊胸手術のデメリット

豊胸の持続期間が短い

ヒアルロン酸による豊胸手術とは、バストにヒアルロン酸を注入することでボリュームアップを図る施術のことです。メスを一切使用せずに注射を打つだけなので、胸を大きくしたいけれども手術は怖いという方にうってつけの豊胸施術だと言えます。また、術後のダウンタイムも短く、すぐに社会生活に復帰できるのも魅力と言えるでしょう。このようにメリットもありますが、実はヒアルロン酸の豊胸手術はバストアップの持続期間が短いというデメリットもあります。そもそもヒアルロン酸は体内にある成分なので、外部から注射すると次第に吸収されていきます。そのため、個人差はあるもののヒアルロン酸注射はおよそ半年から2年程度の持続期間です。胸の大きさをキープしたいのならば、継続して注射を打ち続ける必要があります。

感触が硬くなってしまう

ヒアルロン酸注射の豊胸施術は、バストの感触が硬くなってしまうというデメリットもあります。ヒアルロン酸によって大きくなったバストは、見た目や動きは自然に仕上がります。しかし、豊胸のために用いるヒアルロン酸は粒子が粗いという性質があるので、バストに入れると触感が硬くなりやすいです。バストに触った時の感触が不自然になるので、パートナーがいる場合にばれてしまう恐れがあると言えるでしょう。その他にも、ヒアルロン酸をバストに入れるとしこりができる可能性があるのもデメリットです。このしこりとは、バスト内に生じた塊のようなものです。一度しこりができると再度手術で除去する必要があるので、覚悟して施術を受ける必要があります。