ヒアルロン酸の豊胸手術の特徴

注射するだけの手術でできる

きれいで大きなバストは女性の憧れかもしれません。食事をたくさん食べたからと言ってバストだけが大きくなるわけではないので、もともとバストが小さいときは美容整形手術などで大きくするしかないでしょう。一般的な豊胸手術と言えば切開をして脂肪の代わりになるものを入れなければならず手術痕が気になるなどの問題がありました。もっと簡単にできる豊胸手術として行われているのがヒアルロン酸を注入する方法で、この方法だと切開の必要がなくなります。注射針を入れる必要はあるもののそれ以外に傷はできず、注射痕は一定期間が経過すると気にならないくらいになるでしょう。手術時間は数十分程度と短く、切開して行うのに比べると痛みも感じにくいメリットがあります。

希望の形や長く維持できるか

豊胸手術として良く行われるのが切開をして胸の中にバッグを入れる方法で、きれいな胸が形成できるのと長く状態を維持できるのがメリットとされています。新しい方法としてヒアルロン酸を注入する豊胸手術がありこちらは手術痕が残りにくいなどのメリットがあります。ヒアルロン酸における豊胸手術のデメリットとして大きくしにくい点と体内に吸収される点があるとして利用時には注意が必要です。ただ美容クリニックによってはデメリットを解消する方法も取られており、体内への吸収がしにくいヒアルロン酸を使った方法が利用できます。バッグを入れる方法に比べると大きく形成するのが難しいものの、分子が大きいヒアルロン酸を使えばこれまでのヒアルロン酸の豊胸手術よりも希望に近い形にすることが可能です。